2013年11月11日

    ネタバレ注意!ナルト654「うちはオビトだ」(岸本斉史)一言ジャンプ感想50号(2013年) #WJ

    白い背景は精神世界。差し出された手を!?敗北フラグだと思ったのだけどなー。大胆ですね。

    そうたやすくは…。ネックハンギングツリー…。男の子って感じだな。

    ナルトと過去の自分が?殴り合ったことで、ナルトの心の中の自分が?

    三人の自分の意味は!?文学的だな!リンの変化が怖い。体がボコボコにされていく。

    自分から言われる…。ここで、サブタイトル。やっぱり、ナルトか…。

    全員が、便意に耐えております(違う)。我愛羅(笑)。よくできているシーンだなー。

    かなり壮絶な綱引き。抜けたア!すごい爽快感ですね。そんなに強かったっけ。

    尾獣が勢揃いか…。十尾の人柱力が破れ、月の目計画はどうなるのかな?

    血だらけで。心の穴は、妄想では埋まらない…。カカシ先生、活躍しなかったな…。

    以上、一言感想でした。ページをめくりながら読んでみて下さい。以下は、私なりのラップです。

    骨砕きもえぐい。これはひどい。からな…。これすら、テレビだとwww。戦争の勝ちとは?ずっと何か?宝くじさえ奪ってしまえば、まさかのバラガキww♪♪




    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ茄子騎士 at 16:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。